忍者ブログ

青山学院大学少林寺拳法部「部ログ」

不定期に更新中。 最新記事は「新入生の皆さんへ」の下を見てね!

2018/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月4日 六日目

合宿最終日は一時間あたり200ミリの豪雨に見舞われた最悪の出だしだった。

山を登ると突風に乗じた大なる雨粒がぱちぱち傘を叩きつけ、叩きつけたかと思えば強風に煽られた傘が骨を折られて無用の長物になってしまったのちに、無防備となった我々を万斛たる滴々の水玉が道着やら髪の毛やらを矢鱈濡らして来て、我々をして涼ならしめんとするのが鬱陶しかった。



これだけの悪天候では練習も早めに切り上げるのが常軌である。いわんや最終日においてをやである!

それで早めに終わった。

アッサリとしたものであったが、それでも写真を見る限り、私たちがやりきった達成感というものは有り々々と写っていると思われる。本當に楽しくもあり勉強にもなった。



それから、民宿に戻って一眠りをした後、
タクシーが民宿に到着して、終に民宿細川を去らねばならない時がきた。約一週間、大変お世話になりました。ありがとうございました!!

-------

此処で私達代38期の最後の夏合宿は幕を閉じました。恐らくこんなに長く読んで下さいましたのは、少林寺拳法部の先輩か同期かの何方かでありましょうが、このような乱文にお付き合いいただいて寔に恐縮であります。

今年度の夏合宿は変更点が多々ありました関係で、ご理解の至らぬ所もありましょうけれども、団体演舞を取り入れた事、学科や講義の時間も多く組み入れた事は、私からみると迚も好い変更点だったかと思います。

本来ならば、此処に書き切れなかった事が澤山ありまして、それを凡て載せる事ができないのは非常に残念、遺憾千万であります。

毎日笑いが耐えず、二回生の成長を垣間見る事ができ、彼らも少しずつではありますけれども、幹部として長じているのは間違いと思えたのは嬉しかったです。

-------
以上です。志水君は同期の中でも1番文才があるといっても過言ではなく、今回の記事も小説のようで、実際に参加していない私もすごく情景が浮かんできました。
志水君、ありがとうございます!そして皆さん合宿お疲れ様でした!

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カウンター

最新コメント

[11/18 スーパーコピー chanel]
[04/24 kaji]
[03/04 古野]
[06/02 あや]
[05/31 kaji]

ブログ内検索

バーコード

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 青山学院大学少林寺拳法部「部ログ」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]